トップ  > 第86話「出会い話」「ジャングル少年やって来た!」

第86話「出会い話」「ジャングル少年やって来た!」

  第79話で紹介したサポートジャングルクラブの2代目、吉野旭君がナチュ村にやって

来ました。アマゾンに行った時は小学校1年生。5年間を先住民の村で家族4人で暮らし

電気も電話もない、高床式の小屋で暮らし、毒虫や野獣やピラニアのいる空間で暮した

5年間は衝撃的だったそうです。毒虫にさされ、卵を皮膚に産み付けられ、体中がかゆく

皮膚は爛れてパンダのようになったこと。コパイバマリマリによってずいぶん救われたことや

シャーマンは、部族にいて、医者の役割だけでなく、生活に関するあらゆることに携わって

いること。世襲のシャーマンもいれば、ジャングルで一人放置され1年後に生き残ったらなれる

場合もあるなどとても面白い話が聞けました。また、先住民の人々は、猛獣や毒蛇やピラニア

と暮らしているが、危険を避けることを知っていて、季節や時間、場所のタイミングをずらせば

彼らと遭遇したり襲われたりすることはない。外部の人間はそれを知らないから襲われたり

するとのことでした。

旭君は、日焼けして、がっちりした体形で、十分に先住民にも溶け込みそうな風貌でした。

お話し会を聞いた皆さんは、コパイバマリマリの素晴らしさを実感し、殆どの皆さんが樹液や歯磨き粉

コパイバのど飴などを買い求められていました。

 また、秋にお呼びしようと考えておりますので、今回逃した方はぜひご参加下さい!




※このページは、下記URLと重複しています。ご了承ください。
第86話「出会い話」「ジャングル少年やって来た!」(https://ameblo.jp/hajime-nakamura-natumula/entry-12614356051.html