トップ  > 第101話「出会い話」「日の出コーヒーの巻(西区今宿)」

第101話「出会い話」「日の出コーヒーの巻(西区今宿)」

 またいい若者に会いました。

きっかけは、ナチュ村のコアなお客様のY様が、どうしてもナチュ村で取り扱って欲しい

商品がある。その袋を持って来られました。オーガニックの殻付きマカダミアナッツです。

価格は2000円。でも日本全国他には無い商品です。販売先を見ると、福岡市西区今宿。

ここなら、顔が見えるし、交流も出来ると思いさっそく連絡を取りました。

するとすぐにナチュ村に説明と商談に来てくれました。西島銀次朗さんとさんという若い社長。

元商社マン。ベトナムの担当で良く通っていたそうです。何となく愛着があったベトナムで放浪。

ダクラクという高山地帯にたどり着きました。そこは、1年中美しい花が咲き乱れる桃源郷。

国の自然環境保護区に指定されており、素晴らしい環境の地域でした。当然、農薬なども使わず

有機栽培の農産物や果物の宝庫。そこで採れるマカダミアナッツやコーヒー豆ももちろん無農薬。

彼はそこでミッションを見つけて「日の出ブランド」を立ち上げました。

それは、「グローバル・ソーシャル・ビジネスモデル(グローバルSDGs) 売上の一部を両親と暮らせない

ベトナムの児童支援施設に寄付し、現地雇用や職業訓練を行い、日の出農園と直営の焙煎工場で

最高級のスペシャルコーヒー・モカ種、アラビカ豆を使用した無農薬カフェインレスフレバーコーヒーと

オーガニックマカダミアナッツ、そしてハンドメイドの木製食器をフェアトレードしています。

殻付きマカダミアナッツは、50度の低温で12時間かけてじっくりと焙煎し、とてもクリーミーです。

また、エコなステンレス製のコーヒーフィルターもあります。

若き西島さんのミッションを応援してください! ナチュ村も及ばずながら応援しております。

 




※このページは、下記URLと重複しています。ご了承ください。
第101話「出会い話」「日の出コーヒーの巻(西区今宿)」(https://ameblo.jp/hajime-nakamura-natumula/entry-12627251396.html