トップ  > 第107話「素敵な本との出会い―感染を恐れない暮らし方」

第107話「素敵な本との出会い―感染を恐れない暮らし方」

 たまたま、ある共同購入会のカタログを見ていたら気になる本の紹介がありました。

「感染を恐れない暮らし方」著者 本間真二郎さん/講談社 です。

さっそく取り寄せて読んでみました。まさに僕たちがこれまで主張し、実践してきたことが

書いてあり、とてもうれしく思いました。

著者の本間真二郎さんは、凄い経歴の医師です。札幌医科大学を卒業し、医科大学付属病院

道立小児センター、旭川赤十字病院を経て、アメリカに渡り2001年からあの

アメリカ国立衛生研究所で、ウイルス学、ワクチン学の研究に携わる。帰国後、札幌医科大学

新生児集中治療室室長。そして2009年栃木県の那須に移住し、自然農をしながら、七合診療所の

所長として地域医療に従事しています。

彼のこれまでの経験の中で行きついた答えはもっとも大切なことは「免疫力」と「自然治癒力」を生活

の中で高めていくこと。コロナは、高齢者や持病のある人を重篤にすると言われていますが、なる人と

ならない人の違いは、これまでの食生活やライフスタイルが大きく影響しているそうです。

まさに日頃から、ちゃんとしたものを食べて、免疫力の高いからだづくりをしている人はかからない。

本間さんは、そのことに気づき、那須で自然農を中心に野菜と穀物を育て、調味料も自分で作り

自給自足生活に入ったそうです。「ウイルスによる感染症は薬では治せない」「新型コロナから回復する

唯一の方法は自然治癒力」と言い切っています。皆さん、詳細はこの本を購入して読んで下さい。

とても読みやすく、こころに浸みます。これからも次々に新たなウイルスが登場してくる未来に向けた

生き方を教えてくれる素晴らしい一冊です! (自給自足までしなくてもナチュ村に行けば何でも揃いますので(笑))

 

 

 




※このページは、下記URLと重複しています。ご了承ください。
第107話「素敵な本との出会い―感染を恐れない暮らし方」(https://ameblo.jp/hajime-nakamura-natumula/entry-12632875651.html