トップ  > 第113話「出会い話―風と光商品始まりました!(横浜市)」

第113話「出会い話―風と光商品始まりました!(横浜市)」

  ヴィーガンラーメンが欲しいとのお客様やスタッフの要望で、探したら「風と光」に

行きつきました。

代表の辻明彦さんは、大学卒業後、イタリアの大手タイプライターメーカーに就職。

しかし1年で退職の後、安定した社会人生活を捨て「食」への思いを抑えきれず、中華料理店

やジャズラーメン屋さんを開いたり。そこは「ヒッピー」の溜まり場になったそうです。

当時のヒッピーたちのバイブル「Whole Earth Catalog」(地球の上に生きる)に魅せられて

陰陽学や有機農業、シュタイナー、自然食の本を読むうちに、自然食品メーカーに就職。

36年間働いたのち、独立して設立したのが「株式会社 風と光」でした。

やがてイタリアの有機農業の先駆者の「ジーノ・ジロロモーニ」氏が朝日新聞に紹介されると

すぐにイタリアに飛び、会いに行き、友人になり、それ以降自社ブランドとして輸入をし、更に

様々な商品開発をされてきました。

このユニークな人生を送る社長の商品をぜひ取り扱いたいと、ナチュ村も声をかけて取引が

始まりました。ヴィーガンラーメンを導入予定ですが、大人気で、年内は製造が間に合わないとのこと。

現在、有機砂糖や奄美ラーメンや有機天然酵母やベーキングパウダーは導入済み。

ヴィーガンカレーなど今後、導入していく予定です。お菓子やレトルト食品などもあり、

無添加のお吸い物3種類や甘えび大判、白エビ大判などのお菓子も入りました。皆様ぜひお試しください!

 




※このページは、下記URLと重複しています。ご了承ください。
第113話「出会い話―風と光商品始まりました!(横浜市)」(https://ameblo.jp/hajime-nakamura-natumula/entry-12637342768.html