トップ  > 第118話「出会い話―不思議なお菓子タマホコ(中央区)」

第118話「出会い話―不思議なお菓子タマホコ(中央区)」

「Tamahoko」(タマホコ)」 ブランドのオーナーは、佐野朝子さんという女性。

一人で工房を借りて、多彩な焼き菓子を作っています。ナチュ村との出会いは

彼女がイムズ店を訪ねて来たのが5年前位でしょうか。

お店は持たず、イベントやこだわりのお店などに卸しています。

更に、彼女はこだわりを持った人たちを繋いだイベント「風土市」を1年に2回位

主催して30人くらいのユニーク人たちがお店を出しています。マイナーな、小さな

面白い人たちが集まるこのイベントは大人気。特に熊本から参加するカレー屋さんは

大人気で行列が出来てすぐに売り切れてしまいます。糸島の山の中で暮らす手作りの

食品を販売する人、パンの帽子をかぶったパン屋さん。ふんどしパンツ屋さん。その他

とにかく不思議なイベントです。今は、コロナで休止中ですが、再会したらぜひおススメです!

 ナチュ村では、約10種類の焼き菓子を半日しています。田中製粉の福岡県産小麦粉。

乳製品や砂糖は使わず、素材にこだわったお菓子はいつの間にか売り切れてしまいます。

佐野さんも不思議な魅力を持った女性ですが、彼女が創り出すお菓子もまたパワーがあるようです。

食べた人は殆どの人がリピーターになります。皆さん まだ食べたことのない方は一度お試しください!




※このページは、下記URLと重複しています。ご了承ください。
第118話「出会い話―不思議なお菓子タマホコ(中央区)」(https://ameblo.jp/hajime-nakamura-natumula/entry-12643199043.html