トップ  > 第146話「出会い話ー阿蘇の鉄人?」

第146話「出会い話ー阿蘇の鉄人?」

 3月中旬ごろ、温泉ついでに、南阿蘇の友人夫妻に会って来ました。

僕の生協時代からの友人で、当時からシュタイナーの信奉者でした。

毎週のように阿蘇にあるシュタイナー農法を実践するポコワッツパ農園に

通い、農業を学び、南阿蘇に古民家を購入し、妻の和子さんは農業生活。

だんなは、生協仕事。(その後、生協を辞めて和子さんのお手伝い生活)

和子さんは、農薬や肥料も使わない自然栽培を実践し、米や雑穀、そばや

お茶畑まで引き受けて、地元の農家たちからは「鉄人の和子さん」と慕われる

存在になりました。

 彼女の作ったそば粉は、東京から引っ越してきた有名蕎麦屋の看板メニュー

「和子の蕎麦」にもなりました。

やがて、自然栽培を拡げるために、酒米「山田錦」の栽培を始め、周りの農家にも

呼びかけて自然栽培酒米グループ「喜多いきいきくらぶ」を立ち上げ、全国の酒蔵に

自然栽培米を使った酒造りを拡げています。

その酒蔵の一つ、和歌山から自然栽培の純米吟醸酒「超久」が4月9日にナチゅ村に

届きます。杜氏の武田さんが、縁をもらい、南阿蘇を訪問し、この米にほれ込んで作った

のがこのお酒です。純米大吟醸もありますが、今回は「純米吟醸720ml」を仕入れました。

限定12本、1本1870円(税込み) 千早店、パルコ店にて販売します。

ナチゅ村が自然栽培米でお酒を造ろうと思ったきっかけは、レジェンド和子さんの取り組みが

あったからです。皆さん、是非、味わって下さいね!

 




※このページは、下記URLと重複しています。ご了承ください。
第146話「出会い話ー阿蘇の鉄人?」(https://ameblo.jp/hajime-nakamura-natumula/entry-12667470052.html