トップ  > 第153話「出会い話ー美味しい干物屋さん(大牟田市)」

第153話「出会い話ー美味しい干物屋さん(大牟田市)」

  時々、新しいこだわりのお店が出来たらのぞきに行きます。

中央区のあるお店で「無添加」「無着色」「天日干し」という干物を

見つけました。さっそく購入して食べて見ました。アミノ酸等を使わず

とても美味しかったので、パルコにお客様にぜひ食べて欲しいと思い

すぐに連絡を取りました。気さくな女性の声で、こちらの質問にも答えて

頂き、出荷してくれるとの返事。先方もナチゅ村パルコ店を見に来て頂きました。

僕も現場を見たいし、お話しも伺いたいと思いマネージャーと共に見学に訪れました。

天日干しの場所、加工場を見て、使用している調味料のチェック。

殆ど問題は無かったのですが、一つ気になったのが醤油。本醸造ではありますが甘味料

として甘草を使っていることと脱脂大豆を使った醤油であることがとても気になりました。

事前に醤油の仕様書は送ってもらっていましたので、提案としてナチゅ村の天然醸造醤油

を1.8リットル瓶を持って行って使ってもらうことにしました。また、すぐにメーカーに業務用の

見積もりを依頼し現状の物と比較してもらいました。価格は3倍近く。この醤油を使ってもらう

ことにはハードルが有りました。しかしながら味も良かったし、内容も良いので切り替えてくれる

ことになりました。(万歳❣) いよいよ完璧な天日干し干物の登場です!

素材の魚は、九州近海の漁師などから獲れたてを送ってもらうこだわりよう。五島沖ののどぐろを

買って食べると最高でした。銀鱈みりんやさんまみりん、太刀魚みりん干しなど5から10種類が季節

で移り変わります。ナチゅ村には5月中旬には登場します。皆様首を長くして待っていてください!




※このページは、下記URLと重複しています。ご了承ください。
第153話「出会い話ー美味しい干物屋さん(大牟田市)」(https://ameblo.jp/hajime-nakamura-natumula/entry-12673897281.html