トップ  > 第166話ー出会い話 生産者同士のコラボレーション」

第166話ー出会い話 生産者同士のコラボレーション」

 ナチゅ村の生産者・メーカーは九州を中心に全国に150ヵ所あります。

例えば、かぼちゃは沖縄に始まり、どんどん北上していき、最後は北海道

で締めくくります。馬鈴薯も同じくです。そうやって生産者のリレーによって

ナチゅ村は1年を通して安全な農産物を確保しています。輸入かぼちゃやオレンジ

レモンなどは取り扱いません。

 さて、ナチゅ村はそう言った生産者やメーカー同士の交流や相互乗り入れを推進しています。

例えば、250年続く八女の田中製粉所の福岡県産小麦は、NPO法人花の花のホットケーキミックスやタマホコ他

福島農園の自然栽培米粉で作る米粉のホットケーキミックス、まんぷくやの玄米おはぎは福島農園の玄米です。

仲良しの田中製粉は、ナチゅ村のお菓子の生産者にも使われておりコストダウンも図れています。

平田産業のなたね油もラスティックバーンさんやエヴァダイニングなど数十社、きび砂糖もまた数十の生産者で

使われています。(トワエモアやそらさんなど) 天日干し干物屋さんの大嶋商店は松合醤油を使っています。

ナチゅ村の出し屋さんと糸島木くらげのコラボも始まりそうです。素敵な企業が横に繋がってより良い商品の

ネットワークが広がりつつあります。まさに私たちにとっても「幸せの連鎖」です。

今後も更にこのネットワークを広げて行きますよ!  コロナが落ち着いたら秋に生産者同士の大交流会(飲み会)を

開く予定です。(笑)  そうそう、忘れてはいけません❣ 福島農園自然栽培山田錦と杜の蔵酒造、ナチゅ村の3社

による「自然栽培日本酒プロジェクト」もまさにそうです。先週、田植えに行ってきました。冬には仕込みが始まります。これもまた皆さん楽しみにお待ち下さい。




※このページは、下記URLと重複しています。ご了承ください。
第166話ー出会い話 生産者同士のコラボレーション」(https://ameblo.jp/hajime-nakamura-natumula/entry-12684290640.html