トップ  > 第167話「出会い話ー竹取物語パート1」山口市防府

第167話「出会い話ー竹取物語パート1」山口市防府

    何度も訪ねて来られた日に焼けた青年。

何を営業しに来たのかを尋ねると、竹で作ったナチュラルな洗剤。

面白そうなのでお話を聞くことにしました。

会社名は「エシカルバンブー株式会社」 最近時々耳にする「エシカル」とは

「倫理的」とか「道徳的」とかの意味だが、最近は「倫理的=環境保全や社会貢献」

として使われている。

この「エシカルバンブー」という会社は、まさに世界中で森や環境にはびこる竹。

食べると美味しいのだが、人の手には負えずどんどん森を侵食したりして日本中に

はびこっている。昔から何とか使い道が無いものかと、色々工夫されて来たが、手に余る。

しかし、それを画期的に商品化し、竹の葉から根まですべての部位を製品に活かすことで

持続可能なエシカルなモノづくりを進めている会社との出会いでした。

昭和50年に山口県防府で炭焼きし、竹ミネラルを全国で初めて開発・製品化した伊藤緑地建設。

一方で、竹から繊維を作ることを模索していた現社長の田澤さん。その二つが融合して「エシカルバンブー

株式会社」が生まれたそうです。

話変わって、ナチゅ村には、化学物質過敏症のお客様が多数いらっしゃいます。どんどん増え続ける化学物質。

人類はこれまでに1000万種類以上の化学物質を作り出し、そのうち実用化されているのが10万種類あるとも言われています。世界中に化学物質過敏症の人が増えています。 パート2に続く。

 




※このページは、下記URLと重複しています。ご了承ください。
第167話「出会い話ー竹取物語パート1」山口市防府(https://ameblo.jp/hajime-nakamura-natumula/entry-12685374815.html