トップ  > 第169話「出会い話ーナチゅ村日本酒プロジェクト」

第169話「出会い話ーナチゅ村日本酒プロジェクト」

  昨年末から始まったナチゅ村と福島農園と杜の蔵酒造による自然栽培日本酒プロジェクト

は、いよいよ田植え段階になりました。

6月22日、福島君と従業員、ナチゅ村、デザイナー、そしてSDGsの会社としての取り組みで

農業体験に来た玄海ロイヤルホテルスタッフのメンバーなど総勢十数名。

でも、最近の田植えはとても近代的で、田植えは田植え機がしてしまいます。しかも綺麗に(笑)

僕たちは、苗を軽トラックから田植え機に運ぶだけ。いやー本当に様変わりしています。1枚7反

の田んぼもあっという間に終わって、次の田んぼ。なにしろ15ヘクタール近くを作る農業福島園。

酒米は山田錦。ドローンを飛ばし、上空からみんなで記念撮影。どろどろになるかと思いきや

きれいな田植えでした。除草してくれるジャンボタニシがうじゃうじゃいます。ショッキングピンクの

卵が稲に産み付けられています。今年は、雨が早い梅雨入りの割に非常に少なくため池の水も

3割程度。これから先が心配です。福島君曰く「線状降水帯」でも来て欲しい!

あっと言う間に田植えは終わり、次は田の草取り、10月の稲刈りです。これからも随時、作業や

写真撮影を行いながら、「ナチゅ村日本酒プロジェクト」を記録していきます。

秋には収穫して、冬に仕込み。春にはもう新酒が出来ます。2から3月頃には、まず生の新酒を発売。

その後、火入れして秋には正式に販売スタートします。720ml1800本から2000本出来ます。

昔ながらの生酛づくりの自然栽培純米酒。精米歩合は25%から30%で造る予定です。

皆様、今から予定しておいてください❣ あっと言う間に売り切れるかも(笑)

 

※現在、ナチゅ村千早店のレストランBioraの前で、酒米山田錦をバケツ植えしています。

この生育を見守りながら、秋の収穫を楽しみにしています。




※このページは、下記URLと重複しています。ご了承ください。
第169話「出会い話ーナチゅ村日本酒プロジェクト」(https://ameblo.jp/hajime-nakamura-natumula/entry-12686953479.html