トップ  > 第197話「出会い話ー凄いビーフがやって来ます!パート1」(北海道釧路)

第197話「出会い話ー凄いビーフがやって来ます!パート1」(北海道釧路)

 ナチゅ村千早店に一人の男性が訪ねて来ました。突然名刺を渡されて、釧路で

オーガニックビーフを飼育し販売しているとの事でした。ナチゅ村をホームページで

見て、会社のある愛知県からの飛び込み営業です。少しだけお話を聞きその場は

終わりました。

会社のホームページを見せてもらい、SDGsへの取り組みを地道にやって来た会社

だとわかりました。来られたのは(有)青山商店の社長の青山太郎さんでした。

青山商店は、昭和40年に創業し食品製造副産物を中心に、人が利用しない、人が

利用出来ない未利用資源を飼料や肥料として扱って来た会社です。創業以来「もっ

たいない」を無くしたいとの思いで、全国の未利用資源を飼料や肥料として販売して

いるそうです。取引先の一つの牧場がオーガニック畜産にチャレンジしたいと始めた

畜産ですが、海外からオーガニック飼料を輸入してもあまり意味が無い。国産の有機

飼料を探し、本格的な国産オーガニック畜産が始まりました。

しかしながら、経営難が続きせっかくの取り組みが破綻しようとしていました。

そこで、青山社長がその事業を引き継ぎ、釧路で40頭のアンガス牛を放牧し、すべての

飼料をオーガニックに切り替えて商品づくりが始まりました。オーガニック農業&畜産は、

化学物質を極力使用せず生産を行う方法を取ります。また地域内の資源循環にも配慮

する為、生態系が保全され、生物b多様性が向上することが見込まれます。人を含む

生きものの健康と福祉に貢献します。

「国産オーガニックはわずか0.002%」しか有りません。この貴重で素晴らしいビーフが

ナチゅ村2店舗にやって来ます。

 (パート2に続く)

 




※このページは、下記URLと重複しています。ご了承ください。
第197話「出会い話ー凄いビーフがやって来ます!パート1」(北海道釧路)(https://ameblo.jp/hajime-nakamura-natumula/entry-12711845537.html