トップ

新着情報

  • <<前へ
  • [ 185件中 1件~15件を表示 ]
  • 次へ>>

第190話「出会い話ーナチゅ村の自然酒ネーミング決まりました!」

 前回に引き続き、ナチゅ村のオリジナル自然栽培米についてです。宗像に根差し、美しい玄界灘を守るため、そこに流れ込む釣川をきれいにしたい。釣川には田んぼから農薬や化学肥料などが流れ込みます。東海大学時代に影響を受けた片野学先生。有機農業や自然農法によって環境や命をまもることを学んだ福島光志さんは、卒業後祖父の農...

詳細を見る>>

第189話「出会い話ーイベント最高!」(ナチゅ村収穫祭in宗像)

 10月10日(日) 待ちに待ったナチゅ村の酒米山田錦の収穫祭がやって来ました。パルコ店から10名、千早店から6名、プロジェクトチーム関係14名以上総勢30名のイベントです。 お天気に恵まれすぎて炎天下32度の中で、田んぼの自然栽培山田錦の収穫を見学し、生産者の福島さん、石松さんのなぜ自然農法で米を作るのかの...

詳細を見る>>

第188話「出会い話ーアフリカに魅せられて(KODAMAPAN)」

 福岡で一番老舗の天然酵母のパン屋さんムーンテーブル。 オーナーの村山さんの紹介で、宮崎で薪窯でパンを焼いている「KODAMAPAN(コダマパン」の児玉浩子さんという人が訪ねて来ました。 次男の卵アレルギーがきっかけで作り始めた自家製酵母のパン。焼く度にその奥の深さに魅せられてパン修業をしながらパン屋さんにな...

詳細を見る>>

第187話「出会い話ークロレラ工業㈱」の巻」

 ナチゅ村の取引先であり、自然食品店仲間でもある直方市にある「エコワイズ村」の紹介で、「クロレラミン」という商品を紹介されて導入しました!「クロレラ」は、70種類にものぼる栄養素と繊維質をバランス良く含んでいるデトックス食品です。クロレラに含まれる葉緑素や食物繊維は、ヒトの腸内で有害物質を吸収し排出する優れた...

詳細を見る>>

第186話「出会い話ー良い物見つけた!」(石井食品)

 ナチゅ村の古くからの友好団体であり、株主でもある関西よつ葉連絡会。その会員向けカタログを見た居たらすごく美味しそうな商品を見つけました。「京丹波栗ごはんの素」です。美味しそう!これは売れる!とひらめきました。そこですぐにメーカーの石井食品に連絡を取りました。調べるとあの大手の「イシイのハンバーグ・ミートボー...

詳細を見る>>

第185話「出会い話ー素敵なオランダ人」

 ナチゅ村に商品提案のメールが来ました。乳製品ではないすべて植物性のチーズです。以前から欲しかった商品なのでさっそく商談をしました。やって来たのは、若くてなかなかイケメンの外国人と若い日本人女性。どちらの国の人かと尋ねるとオランダという。片言の日本語を駆使しながらビーガンチーズの商品説明。一つは植物性のフェタ...

詳細を見る>>

第184話「出会い話ーナチゅ村の酒」

 ナチゅ村のオリジナル自然栽培米の酒づくりもいよいよ佳境に入って来ました。10月10日(日) 2時から5時まで、宗像市光岡の生産者「農業福島園」に集まって酒米「山田錦」の収穫を見学し、精米所見学、自然栽培米生産者の福島君と石松君そして、製造者の「杜の蔵」と消費者30名での交流会です。枝豆を食べながら、試飲もあ...

詳細を見る>>

第183話「出会い話ーオーガニックスパイスカリーセット登場!(福岡市西区)」

 また、ナチゅ村に新しい取引先が増えました。事の発端は僕の古くからの友人で元食育推進ネットワーク理事長の吉田さんと西区石丸にある社会福祉法人そらの就労継続支援B型事業所のどりーむはうすの担当の中村さんが半年ほど前に訪ねて来た時でした。その時には、スパイスカリーセットを作ったので取り扱って欲しいとの提案。オーガ...

詳細を見る>>

第182話「出会い話ー胡麻の和田萬(大阪)」

 コロナ接種者の死者急増。(日刊ゲンダイ9月7日より)新型コロナワクチンを2回打ち終えた人たちの「ブレイクスルー感染」が増えている。兵庫県加東市の精神科病院では先月16日から今月3日までに入院患者と職員47人が感染。そのうち37人が2回接種を終えていた。またイスラエルメディアによると、同国内の重症患者のうち6...

詳細を見る>>

第181話「出会い話ー日本酒プロジェクト収穫祭(宗像市)」

 コロナ接種証明書やワクチンパスポートの提示などを求める動きが出て来ています。フランスでは、接種証明書を見せないとレストランなどの利用が出来ないそうな(笑)しかしフランス人は凄い! そんなお店には入らないで、あえて店の前で路上飲み。メディアによるとたくさんの人たちが路上飲みしている様子が見えます。もし、日本が...

詳細を見る>>

第180話「出会い話ーイムズビル閉館(( ノД`)シクシク…」

 32年の歴史を重ねて来た天神イムズ(IMS)はその名の如く天神から様々な文化情報を発信し、他の商業施設とは違った存在として光り輝いて来た。我がナチゅ村の発祥の地でもある。以前、紹介したが、きっかけは、「食卓の向こう側」ブームを作った仕掛け人「安武信吾」元西日本新聞記者。僕が以前社長をしていた九州産直クラブの...

詳細を見る>>

第179話「出会い話ー不思議な果物ポポー(久留米市)」

 さてさて、新型コロナの次から次に変異するウイルスふりまわされる世の中を僕は横目で見ながら毎日ナチゅ村の食材をせっせと食べ、味噌汁、納豆、梅干しなど古来からある伝統食を食べ、夜はうおしげの刺身と杜の蔵の日本酒や焼酎。極めて元気であり家族や子どもたちも元気である。 コロナ感染者が福岡も1000人を超えたと大騒ぎ...

詳細を見る>>

第178話「出会い話ー電子署名のお願い」

 ナチゅ村の取引先のメーカーさんから「子どもたちへの新型コロナワクチン接種の停止を求める」署名の呼びかけが回って来ました。僕もいろいろ調べていくにつれて新型コロナワクチンの不条理な点が見えて来ました。厚生労働省発発表の8月4日付け資料によると接種後の死亡者は919名、接種後の重篤者は3338名(男性1065名...

詳細を見る>>

「第177話ー出会い話ー切干大根と女性だけの会社(宮崎)」

 夏休みにナチゅ村の商品マネージャーのNさんは、家族旅行で宮崎を訪れました。道の駅やモールに立ち寄りながら見つけて来たのが「だいこんだー」という切干大根に米粉を付けてこめ油で揚げたスナック菓子? ナチゅ村村では切干大根は料理という概念でしか無かったのですが、食べて見ると止まらなく美味しい。これは面白い商品だと...

詳細を見る>>

「第176話ー出会い話ー美味しいわらび餅」福岡市南区

 「スタッフのお気に入り」パルコ店のスタッフが美味しいからと見つけて来た「わらび餅」さっそく食べて見たらほんとに美味しい! さっそく製造元に電話をしました。すると向こう側の店主は、僕のことを昔から知っていますとの回答。31年前に南区の長丘の夢広場を開業した時、相談した当時は不動産屋さんだった大土井さん。ナチゅ...

詳細を見る>>

  • <<前へ
  • [ 185件中 1件~15件を表示 ]
  • 次へ>>